【「『男のウラ・オモテ』に用心あそばせ!」|浮気関連書籍要約集】

元探偵の視点で男の本音を分析!

浮気や離婚の関連書籍の要約を紹介するコーナーです。

 

今回の本は下記。

 

「男の『ウラ・オモテ』に用心あそばせ!」 
山崎世美子 著 小学館 1,200円(税別)

 

著者の山崎氏は、元探偵の恋愛離婚カウンセラーで、女性のために男の浮気に関する知見をまとめた本です。

 

 

まえがき

今の仕事に就いたきっかけ。

 

30代の頃、産後の夫の浮気に悩み、探偵社に連絡したところ、応対ぶりがひどかった。

 

「これなら自分の方がうまくできる」と思ったのが探偵を志願したきっかけ。

 

多種の調査を経験した後、一番興味を感じる浮気調査専門の探偵社(社名 エンジェル)を立ち上げ、恋愛や浮気に悩む人の相談に乗るように。

 

(現在は探偵社は後進に譲り、カウンセラーとして活躍中。)

 

第1章 男をなめてかかるべからず

 

男子が離婚を考えだす理由

「好きな女性ができたから」というようなケースは少ない。

 

最初の試練は妻の産後。何事も赤ちゃん優先になり、夫の扱いが雑になる。

 

セックスお断り。食事を作ってもらえず、小遣いは減らされ、夜はうるさいからとテレビは見られない。

 

満たされない性欲がほかの不満に気づかせる。

 

男が離婚を考えだすときランキング
  1. エッチを拒まれる
  2. 家での自分の存在価値が見いだせない
  3. 妻の金遣いが荒い、借金がある
  4. 妻が家のことをしない、できない
  5. 自分の親との折り合いが悪い

 

上記以外に特にやってはいけないことは男をバカにすること。口に出さなくともなめた態度は伝わる。

 

結婚は恋愛感情が消えてからが勝負。

 

感謝を言葉で伝えること。そして平凡な日常こそが幸せと心得る。「外に刺激を求め」たりすると大変なことになる。

 

35歳以下の女性の60%が離婚を考えたことがあるが、男は30%以下。

 

男はよほどのことがないと離婚を考えないが、ひとたび決めたら決意は固い。

 

そんな男に突然離婚を切り出されないように要注意。

 

美人妻が陥りやすい落とし穴

美人を口説きまくった並みかそれ以下の旦那は結婚と同時に安心し、美人妻は愛されている自信から安心する。

 

両者の油断が旦那の浮気を誘発する。

 

金持ちのボンと結婚して寿退社した美人秘書の事例。

 

子供ができて旦那をほったらかしていると、旦那が浮気して離婚を切り出してきた。

 

旦那を物分かりのいい家族としてほったらかすのは危険。子供が大事なのはわかるが、「アナタが一番」と言ってあげるのも大切。

 

子供はいつか成長して親離れするが、その後で誰と過ごすのかも考えるべき。

 

やりたくない妻

子育て疲れで妻が性欲を失うのもわかるが、セックスを拒むのはとても危険。

 

性欲は食欲、睡眠欲と並ぶ三大欲求で、セックスさせないのは食事を与えないのと同じ。

 

すると男は自炊(自慰)に走り、外食(浮気)の味を覚える。

 

夫婦円満でいたければ、3カ月以上空いてはいけない。長く空くと照れ臭く、億劫になり、どんどんセックスレスになる。

 

浮気妻 セフレの逆襲

夫とのセックスに不満で浮気し、3Pまで楽しんでいた妻。

 

ある日、エロ写真入りのはがきが旦那の職場に届いて発覚、著者のもとへ相談へ。

 

浮気相手の身元を把握していなかったが、探し出した。

 

相手は急に連絡を絶ってきたのが気に入らなくて、嫌がらせに及んだようだった。

 

夫は子供のために離婚まではしないが、妻とは認めず、家を出ていくか、いるなら仮面夫婦だと宣言してきた。

 

よく知らない相手と浮気する時の教訓
  • 雑談の中で個人情報を与えてしまわないよう注意する
  • そういう相手は車両番号を控えたり、写メを撮っておく
  • セックスが好きでも顔は撮らせてはいけない
  • 別れることになっても、相手のことは褒めておく

 

第二章 男を落とす方法

 

恋の駆け引き

「終わりかな?」と感じた時は、高い確率で終わりが近づいている。

 

別れは急に決めたりしない。まだ決めていない段階では、今後の話題が出たら消極的に応じるだけ。

 

いつも通りのキスなのに違和感がある、近くにいるのに遠く感じる・・・そういう場合、相手は別れを考え始めている。

 

その理由の半分くらいが「ほかに好きな人ができたから」で、ほかはひどく傷つけられた、価値観の違いを痛感した、執着心にうんざりした、一緒にいても楽しくなくなった、など。

 

別れるのにはエネルギーがいるので、簡単に切ったりはしないが、倦怠期は好みのタイプが現れれば、一気に動く危険がある。

 

短期間で復縁する2パターンと事例

第一は、可哀そうになって完全に断ち切れないパターン。

 

飲み会に参加するだけで不機嫌になる束縛に耐えかねて別れを切り出したが、「悪いところは直すから捨てないで」と言われ、復縁してしまった例。

 

しかし、「耐えてる」感がうっとおしくて、結局別れた。

 

度を越した独占欲ややきもちは男性をうんざりさせるだけ。

 

第二は、何らかの理由で離れたが、やっぱり好きだから、と戻るパターン。

 

浮気した彼女が「自分が悪いから」と身を引こうとするのを止めて復縁してしまう男性の例。

 

彼女の小悪魔的な駆け引きには嫌悪感を感じる人もいるかもしれないが、平謝りが良い結果をもたらしたかどうか疑問である。

 

謝罪は時に怒りを増幅させる、「追いかければ逃げられ、逃げられると追いたくなる」心理をよく踏まえよ、とのアドバイス。

 

バレンタイン告白術

うぶな男子学生相手に告白を成功させるテクニック。

 

メールの心理術戦/基礎編

男性へのメールで返信が来ないことに悩む女性が多い。

 

基本的に男性はメールが苦手で、年齢が高いほど、女友達が少ないほど、そう。

 

まず、長文のメールはダメ。男性は長文のどこに反応していいかわからず、返答する気が萎える。

 

簡潔なメールの返信が遅い、来ない場合は、興味がない、返信が面倒臭いと解釈してよい。

 

恋が盛り上がって1日に大量のメールをやり取りしている人に警告。

 

ラブラブ気分もいつかは落ち着き、メールの量が減るが、その時に「恋が醒めたのでは?」と悩むことになる。

 

安定期に入っただけなのに、メールの数ごときでギクシャクしないように。

 

メールの心理術戦/A型男編

占いではなく、1万人以上のカウンセリングケースから得た血液型理論を紹介。

 

A型は日本人の4割を占める。一般に几帳面とか言われているが、私生活は結構だらしない。

 

浮気をしてもみとめない。

 

亭主関白傾向があり、無意識にでも女を下に見ている。

 

打たれ弱く、自分よりデキる男がいると内心不機嫌になる。

 

「あなたが一番!」という健気さが大切なほか、嫉妬心が強いので、すべてを把握させると安心する。

 

メールの心理術戦/B型男編

好き嫌いが露骨に表れ、好きな異性以外に興味がないが、可哀想タイプには弱い。

 

打たれ強く、一度断ったぐらいで誘われなくなる心配はない。

 

好意を示すと調子に乗る。好き好き光線を出すのは逆効果で、ツンデレがよい。

 

メールの心理術戦/O型男編

恋愛は直観的。第一印象で決まり、徐々に恋愛感情が芽生えることは少ない。

 

褒められると非常に喜ぶので、「すごい、さすが攻撃い」は有効。

 

スキンシップも大好きで、膝に手を置く作戦は効く。

 

回りくどい長文のメールはNG。

 

メールの心理術戦/AB型男編

人に受け入れられにくいA型寄りの人と、誰ともそつなく仲良しに見えるB型寄りがいる。

 

根底はどちらも人見知りで、孤独に強く、一人の時間はむしろ不可欠。

 

警戒心が強いのに一度心を許すととことん甘えるが、裏切られたと感じた時の落ち込みも激しい。

 

攻略相手としては手ごわいが、天真爛漫でいて下品にならないことが効果的。

 

特別編 とろけるほどうまい男

セックスがすごくうまい旦那がEDになったからもうできないと宣言してきたが、車のトランクから精力剤やSM道具が山ほど出てきた。

 

浮気調査をかけると、彼氏のいる20代前半のギャルと40代の女の二人の愛人がいることがわかった。

 

後者は本気モードと判断し、山崎は経験から愛人No.2を許さないと判断した。

 

妻が浮気現場に乗り込んで、40代愛人に別の20代の愛人の存在を伝える作戦を伝授。

 

「この人にはね、あんたのほかにも女がいるのに、よくつきあえるわね!」⇒作戦成功

 

第3章 こんな女は嫌われる

 

恋愛で重たくなる女

「彼女に言われて重たいと感じるひと言ランキング」には、どれも自信のなさと焦りがにじみ出ている。

 

コンプレックスを気にするのではなく、良い部分を磨いて際立たせ、悪い部分を目立たなくするのが正解。

 

相手が会ってくれないと何百通もメールを送ってしまい、毎回振られている女性の事例。

 

男の本質、女の美意識

女は客観的には結構イケてても何かとコンプレックスを持ち、男は逆にかなりひどい奴でも「わかる人にはわかる」といった自信を持つ生き物。

 

コンプレックスが強くて、エッチの際に歯磨き、シャワー、化粧・・・と準備しすぎて男を興ざめさせる女の例。

 

男を喜ばせようとセクシー下着でがんばるが、男のエッチ頻度がどんどん低下している外見は完璧な女の例。

 

これは「すごいセックスをしてみせなきゃ」というプレッシャーがかかって萎えさせているのだと思われる。

 

ダメ男を育てる女の特徴 恋人編

別嬪なのに合コンで知り合ったブサイクな男に「都合のいい女」にされた事例。

 

最初のデートでセックスしてしまい、あとはラーメン屋とかパチンコ屋に行ってホテルに直行するようなデートばかり。

 

自分に自信がなさ過ぎて、相手の言うことを聞きすぎてダメになったパターン。

 

ダメ男を育てる女の特徴 夫婦編

「内助の功」を心がけて世話を焼きすぎたり、自分は悪くないのに誤ったりすることが男を増長させ、ダメにする。

 

それより褒めたり感謝して父性を目覚めさせることが大切。

 

男に嫌われる女の条件
  1. 言葉遣いが荒い
  2. 自分から下ネタ話をする
  3. 否定から話に入る
  4. 食べ方が汚い
  5. メイクや服装のファッションの主張が強すぎるor自分磨きを忘れてる

 

節約デートで破綻

貯金のために過度な節約を強いて、男が嫌になって浮気をし、相手の妊娠をきっかけに結婚を決めて、破綻した事例。

 

復活愛はうまくいく?!

昔に捨てた元カレと不倫関係になり、結婚するために現在の夫との離婚を考えている女性の相談。

 

しかし、元カレの方にはそんな気はない様子。

 

結婚後に元カレとの関係を復活させる女性は多いが、うまくいくのは稀。

 

特別編 アバンチュールの代償

ニュージーランド在住の男性レインボーとSNSで知り合い、帰国のたびに浮気している妻の事例。

 

発覚のきっかけは北海道旅行に行っているはずなのに、近所で見かけたという話を聞いたことだった。

 

山崎は女性スタッフにSNS上で「看護師ミキ」として接触させ、相手は食いついてきた。

 

奥さんとレインボーの参加する京都バスツアーに調査スタッフが参加して行動調査。

 

続いてミキも接触して、レインボーの全情報を得た。

 

依頼者の夫は、息子の受験が終わるとアクションを起こした。

 

二人の不倫中に嫁の荷物をまとめ、鍵を変えて家から追い出すことに成功。

 

第4章 ダメ女にならないために

 

男女関係修復法

旦那の浮気が発覚し、家事ストライキで応戦している、セックスレス2年の妻の事例。

 

女も妻も放棄しており、素直さがなく、夫の浮気以前に彼女に問題があるのは明白だった。

 

言いなりの女

5年も奴隷のような扱いなのに離れられない女。

 

彼の言っていることに嘘がないか調べてくれという依頼。

 

つきあう前から結婚していて、ほかにも愛人がいることがわかった。

 

山崎のアドバイスで「本日中に謝罪がなければ、奥さんにすべてバラす」とメール。

 

相手は家庭を守るために意外な低姿勢で出てきて、二人の関係は終わった。

 

その後、この女性からノーマルでステキな相手と結婚したという報告が来た。

 

甘えることのできない女性たちへ

甘えられない原因のひとつは、甘えることのできる男性に会っていないこと。女は自分より強い、尊敬できる男と付き合うべき。

 

もう一つは「嫌われたくない」気持ちが強い事。

 

ポジティブな「好かれたい」とネガティブな「嫌われたくない」は違う。

 

嫌われたくない女は、いつも相手に合わせるので、相手は増長してモンスター化する。

 

人は「そんな相手とは別れてしまえ」と言うが、それはなかなか難しい。

 

山崎の勧める解決策は「嫌われてもいい」に態度を変えてみること。

 

それに対する反応で、自分がただの都合のいい女なのか、いつも従順だから増長していただけで本当は愛しているのかがわかる。

 

開き直った瞬間に驚くほど二人の関係が変わるケースは多い。

 

男におねだりをする重要性

女性に甘えられると男性は自尊心がくすぐられてうれしくなる。

 

女性に尽くされるほど、それに慣れて感謝しなくなる。

 

おねだりは単なるわがままではなく、男の自尊心をくすぐる高等テクニック。

 

男を見る目がない女
  1. 男の行動より言葉を信じる
  2. 面食いである
  3. マメな男が好き
  4. 小さいウソなら許せる
  5. 男に合わせるのが好き
  6. 男におねだりができない
  7. 男にほとんどNOと言わない
  8. 男にお金を貸したことがある
  9. 金払いのいい男に感動する
  10. 収入や学歴が自分より下でも気にならない

 

上記リストで6項目以上イエスなら男を見る目なし。