【日本の探偵業界の歴史|探偵業界情報】

明治に遡る2つのルーツ

ここでは探偵業界の歴史を紐解きます。

 

探偵社は興信所と呼ばれることもあり、現在ではこの2つは同じものと捉えて差支えありません。

 

しかし、成立段階では別のものでした。

 

現在の探偵社のルーツになっていると考えられるこの2つの業種の歴史をメインに辿ります。

 

 

探偵社の歴史

日本最古の探偵社は、明治28年(1895年)創業の岩井三郎調査事務所というのが通説です。

 

(明治22年に日本橋の士族・光永百太氏が設立したものが最初という話もありますが、詳細情報が見当たりません。)

 

岩井三郎氏は警察庁の刑事出身で、日清戦争当時にスパイの摘発を担当していました。

 

30歳の時、「日本にも私立探偵を!」と退官して、東京・京橋で起業しました。

 

この探偵社が解決に寄与した事件で最も有名なのは、シーメンス事件です。

 

これは大正時代初期に海軍がドイツの企業シーメンス社から賄賂を受け取っていた事件で、国会は大いに揺れました。

 

ほかには、「花王歯磨密造事件」「古河炭鉱詐欺事件」「のちの満州馬賊伊達順之助による射殺事件」などの解決に寄与したとのことです。

 

警察寄りの大事件も扱っていたわけで、浮気調査がほとんどの現在の探偵社より、小説に出てくる探偵社のイメージに近いですね。

 

第二次世界大戦後に弁護士の方が2代目岩井三郎を襲名しました。

 

この探偵社は「岩井三郎」の名前が3代継承されました。

 

3代目は陸上自衛隊出身の坪山晃三氏。

 

岩井三郎事務所は、昭和52年に同氏創業の(株)ミリオン資料サービスに合併吸収され、今に続いています。

 

さて、江戸川乱歩という、大正から昭和にかけて活躍した日本を代表する推理作家がいます。

 

彼は岩井三郎事務所で実際に探偵として勤務してという話があります。(出典

 

しかし、実際は弟子入りを志願してきた若き日の江戸川乱歩に「探偵に必要なのは推察力よりも粘り強さと根気だ」と説いて追い返したという話もあります。(出典

 

どちらが真実なのかわかりませんが、少なくとも二人は顔を合わせています。

 

この探偵社は、日本初の女性探偵も輩出しました。

 

天野光子氏(明治29年生)や芹沢雅子氏(明治44年生)は初代岩井三郎のもとで大いに活躍したそうです。

 

芹沢雅子氏については「女探偵物語 : 芹沢雅子事件簿」(林えり子著 六興出版)という本が出ていました。

 

すでに廃刊ですが、国立図書館のデータベースにはあります。

 

興信所の歴史

興信所というのは、もともとは明治時代に初めてできた企業の信用調査サービスです。

 

つまり、資本金・負債・売上・利益などの財務情報をはじめとする経営情報を調べて提供するサービスです。

 

現在ある企業でいうと、帝国データバンクや東京商工リサーチなどにあたります。

 

商業興信所・東京興信所

明治時代初期、近代国家を目指し政府主導で行われた殖産興業。

 

企業の設立と取引が活発化した時代でもあります。

 

明治維新後に続々と生まれる企業は、江戸時代以前から続く老舗と違って信用力の判断材料がありません。

 

融資や売掛取引をいくらくらいまで安全にできるか、客観的な判断材料がほしい。

 

新たに生まれたそういう強いニーズを背景に興信所が作られました。

 

日本で最初の興信所は、明治25年(1892年)に大阪で設立された商業興信所です。

 

日本銀行の初代大阪支店長であった外山脩造氏の呼び掛けで、日銀と大阪の銀行団が出資して設立されました。

 

続いて、明治29年に第一銀行の頭取であった渋沢栄一氏の手により、日銀と東京の銀行団が出資して東京興信所が発足します。

 

渋沢栄一氏は、500以上の会社の設立に関わり、「日本の資本主義の父」と呼ばれた人物です。

 

自分の財閥を作って私財を蓄えることはせず、公益への貢献に徹しました。

 

このように、最初の興信所は大銀行がバックについて設立された企業の信用調査機関でした。

 

民間の興信所

明治25年(1892年)、初の民間興信所「商工社」が生まれます。

 

現在の東京商工リサーチです。

 

次に明治33年(1900年)に後藤武夫という人物が、帝国興信所というを設立します。

 

事前に渋沢栄一に相談に行くと「後藤君、日本で民間の興信所はまだ無理だからやめておきなさい。」と諭されたそうです。

 

にもかかわらず、強引に設立すると、案の定、仕事がなく、しばらくは経済誌の発行でしのいでいました。

 

しかし、日露戦争の勝利の後の好景気に企業設立ブームが訪れ、企業信用調査の仕事が一気に増えます。

 

帝国興信所はこのチャンスをつかんで大正15年(1926年)には、全国に54の拠点を持つ日本最大の興信所になりました。

 

個人調査分野への進出

こうして銀行主導と民間の2つのルーツから生まれた興信所は、やがて身元調査などの個人調査分野に進出していきます。

 

これは想像ですが、企業に出入りしていると、人を採用する前の身元調査もできないかといった相談がよくあったのではないでしょうか?

 

実際、昭和以前は採用を決定する前に興信所に身元調査を依頼するのはごく普通のことでした。

 

そして興信所は、企業の信用調査だけでなく、身元調査、浮気調査、人探しなどの個人調査もやるところが多くなっていきました。

 

戦後の動き

商業興信所と東京興信所は、終戦の前年、昭和19年(1944年)に統合されて、東亜興信所となります。

 

昭和53年(1978年)には、なんとホテル業に進出。

 

その後、調査業から撤退し、社名も平成4年(1992年)に(株)サン・トーアに変えて、2軒のビジネスホテルの運営会社になりました。

 

センターホテル東京とセンターホテル大阪は、今も営業しています。

 

帝国興信所は、昭和56年(1981年)に帝国データバンクと社名変更し、企業信用調査専門になりました。

 

現在の企業信用調査は、帝国データバンク(TDB)が6割、東京商工リサーチ(TSR)が3割、2社で9割のシェアを占める寡占市場です。

 

さて、以上のように帝国興信所は個人調査から撤退し、東亜興信所は調査業そのものをやめてしまいました。

 

よって大手興信所の個人調査部門にいた人が独立するケースは結構あったはずです。

 

興信所を名乗りながら個人調査をするケースも多かったはずです。

 

興信所と探偵業が同義になった経緯

前述のように、昭和の後期に、企業の信用調査をする企業と個人調査をする企業がはっきり分かれました。

 

前者は興信所を名乗らなくなり、興信所と名のつく企業は個人調査業だけになりました。

 

そのため、興信所という言葉を企業信用調査業と捉える人が減り、ほとんどの人が個人調査業の意味で理解するようになりました。

 

こうして現在では、探偵社と興信所はほぼ同じ業種を指すようになったわけです。

 

終わりに

一応、以上が記録の残っている情報から辿れる日本の探偵業界の歴史です。

 

しかし、縁談相手の身元の裏を取るニーズは江戸時代以前からあったのではないかと思います。

 

お金のある名家の依頼を受けて、それを請け負う人もいたはずです。

 

各地を旅行する行商人などの中に、そういう仕事を請け負う人がいたのでしょうか?

 

また、同心や岡っ引き(江戸時代の警察官)、忍者などから明治維新の後に探偵に転向した人もいたかもしれません。

 

太平洋戦争以前の軍事探偵出身の人だっていたかもしれません。

 

いつか資料が見つかって、新たな別のルーツが解明される可能性もあり、とても楽しみです。

 

逆に特定の系譜に属さず、まったく自力でゼロからノウハウを築いていった探偵もいます。

 

例えば、日本の探偵業界を代表する原一探偵事務所の創業者である伝説の探偵・大原一泰氏。

 

この探偵社は驚異的なノウハウを保有しており、その一部を取材の際に見せてもらっています。

 

同社の探偵さんからそれらはすべて大原氏のオリジナルだと伺いました。

 

また、ベテラン探偵・小原誠さんの著書によると、昭和40年代に調査会社という呼称の探偵社が増えたそうです。

 

背景には、企業からの調査依頼の急増があるとのこと。

 

この時期にはいろいろなバックグラウンドの人が参入したのではないかと想像されます。

 

何かのルーツの継承者、独創的革新者、そうしたいろいろな探偵がいて、今の探偵業界があるのです。