【張り込み|探偵の浮気調査技術】

忍耐力・体力・集中力が必要な任務

浮気調査の技術について解説していきます。

 

過去数年にわたる大手有名探偵社への取材に基づいているので、内容は確かです。

 

ここでは張り込みについて説明します。

 

すなわち、見えない所で待機して、対象者が現れるのを待つことです。

 

 

張り込みが発生するタイミング

 

調査開始時

調査開始は、対象者が自宅を出る時、通勤で駅に現れる時、会社から退社して出てくる時などがあります。

 

いずれにしても近辺で張り込み、現れたのが対象当人で間違いないことを確認してから尾行を始めます。

 

場合によっては依頼者を立ち会わせ、当人確認をしてもらいます。

 

  • 冬季にマスク・マフラー・帽子で顔がほとんど隠れた状態で出てくる対象者
  • 複数の住人がいる建物から出てくる対象者

 

上記のような対象者を追尾する場合、最初の当人確認が格別に大切です。

 

人違いの相手を尾行していたのでは、調査は全部パーです。

 

一緒に入れない場所に入った場合

例えば対象者が会員制フィットネスクラブや何かの会社に入っていった場合、探偵もいっしょについていくことはできません。

 

レストランなどの場合は、状況により、探偵も入店して食事する場合もあります。

 

例えば、店が大きく、客も多くて発覚リスクが少なく、かつ対象カップルの親密な様子が撮影できそうな場合など。

 

しかし、一緒に入らない方がいい判断になることもあります。

 

一緒に入れない、または入らないという選択をした場合は、建物の外で張り込むことになります。

 

ラブホテルや浮気相手の部屋に入った場合

「一緒に入れない場所」の中でもとりわけ重要な場所です。

 

こういう場所から出てくる写真が最重要な証拠であり、それを取ることが調査の目的です。

 

まず、出口がいくつあるか確認します。

 

複数の出口がある場合、別の出口からすり抜けられたら調査はパーなので、全出口に探偵を配備します。

 

そして一瞬のチャンスを逃さないよう、集中して張込みます。

 

張り込みに伴うリスク

張り込みには、発覚、見落とし(失尾)、警察通報という3つのリスクがあります。

 

発覚

発覚はその中でも最悪のものです。

 

発覚を避けるため、近所の住民を装ってわざとラフな格好をしたり、スマホに夢中になっているフリをしたり、といった偽装をすることもあります。

 

閉鎖的な田舎では、よそ者や見慣れない車が現れると、集落の住人全員に連絡が回るところがあります。

 

これも発覚につながるので、対策が必要です。

 

見落とし(失尾)

対象者が現れたのに見落として行かせてしまえば失尾であり、調査は失敗です。

 

しかし、張り込みは猛暑・酷寒・悪天候などの中で長時間に及ぶこともあり、空腹・疲労・睡魔との戦いになることもあります。

 

一人での見張りだと集中力の維持が大変ですが、この場合もチームで協力することでミスを減らせます。

 

警察通報

警察への通報は、住宅地では本当に多いです。

 

変質者やストーカーによる事件が多い昨今では無理もありません。

 

探偵は頻繁に張り込み場所を変えるなど、住民の通報を避ける対策もしています。

 

運悪く通報されてしまった場合は、探偵の身分を明かし、調査中であることを説明すると普通は解放してもらえます。

 

ただ、職務質問に応じている間に発覚や失尾となる危険はあるので、通報を受けること自体、極力避けるべきです。

 

素人が張り込んでいて通報された場合、警察は簡単に開放してくれない可能性があります。

 

不審人物の口頭の説明を鵜呑みにはできないからです。

 

田舎での張り込み

田舎では地域一帯の住人のほとんどが親族で、よそ者や見慣れない車を見かけると村中に連絡が回るような場所があります。

 

群馬県の集落の例

【群馬県の集落の例】

 

こういう場所に乗用車を乗り入れるのはとても危険です。

 

原一探偵事務所の場合、業務用車風の張り込み専用車両を用意しています。

 

「何かの工事の車だろう。」と思わせ、長時間駐車していても怪しまれない外観です。

 

業務用車風の張り込み専用車両

【業務用車風の張り込み専用車両】

 

板金に穴開けがされ、黒い突起のひとつにカメラレンズが埋め込まれています。

 

カメラが仕込まれた黒い突起

【カメラが仕込まれた黒い突起】

 

運転席のカーナビ風のスクリーンがカメラのモニターになっています。

 

カーナビ風のモニター

【カーナビ風のモニター】

 

もちろん、荷台風の車両後部に隠れてモニターすることも可能です。

 

荷台風の車両後部

【荷台風の車両後部】

 

さて、驚くべきはこのカメラが映し出しているものです。

 

なんと500メートル離れた家の玄関なのです。(実際の調査ではなく、機材の性能プレゼンテーションのための映像です。)

 

500メートル離れた家の玄関

【500メートル離れた家の玄関】

 

田舎は建物が少なくて見通しがいいので、こういう張り込みが可能です。

 

数十メートル範囲内に見慣れない車が停まっていたら怪しむかもしれませんが、500メートル先から監視されていたら気づきようがないでしょう。

 

乗り込む調査員も何かの業者に偽装し、ユニフォームまで用意しています。

 

ニセのユニフォーム

【ニセのユニフォーム】

 

無人遠隔張り込み

業界大手の原一探偵事務所では、最近は無人の遠隔張り込みを活用しているとのことです。

 

張り込み現場には、隠しカメラを仕込んだピザバイクや自転車を置きます。

 

隠しカメラのあるニセピザバイク

【隠しカメラのあるニセピザバイク】

 

ピザケース内の隠しカメラ

【ピザケース内の隠しカメラ】

 

現場近くまでの搬入はトラックで

【現場近くまでの搬入はトラックで】

 

ビデオカメラの映像はWifiで飛ばし、離れた場所に駐車したモニター車の中で見ます。

 

下記の写真でハッチを閉じれば、中で探偵が調査しているなんて、想像もつきません。

 

遠隔モニター車

【遠隔モニター車】

 

これにより、張り込み場所に探偵を配置する必要がなくなります。

 

狭い路地など、張り込み場所が確保しにくい、目立ってしまう場所でも張り込みが可能になります。

 

また、酷暑・酷寒の中での張り込みは探偵の体に大きな負担を与え、頻繁な交代が必要であり、最悪は探偵が倒れてしまう危険さえあります。

 

しかし、機械ならその心配はありません。

 

今までありそうでなかったこの機材を導入してから、張り込みがすごく楽になったと同探偵社の方がおっしゃっていました。